女性

3つの治療方法

カウンセリング

うつ病と診断された人はすぐに治療を始めないといけませんが、治療を行なってすぐに病気を治すことはできません。精神科では医師と患者さんが協力して、患者さんに合った治療法を行なって時間をかけて少しずつ、うつ病の症状を治療していかないといけません。今の精神科では、うつ病と診断された患者さんのために3つの治療法を行なっています。その1つは疲労とストレスでボロボロの精神と身体を休ませるために、十分な休養を取ることです。疲れが取れていない状態で他の治療を行なっても効果はありませんし、効果がでないことを気にして悪化するでしょう。自宅で休養していても仕事を休んだことや、家で何もしないで休んでいることを気にして罪悪感を持つ人もいます。罪悪感を持ったままだと休むことはできないので、できるだけ家族がサポートしないといけません。入院するのも1つの方法ですが本人が望んでいないのに入院させてしまうと余計に、ストレスを与えてしまうことに繋がるでしょう。本人が入院を希望しない限りは、できるだけ自宅での療養をするのが一番です。住み慣れた家のほうが落ち着くので、精神的負担をかけることはないでしょう。自宅で休養する場合は、医師にどのようなことに気をつけたらいいのか教えてもらってください。2つめは抗うつ剤を服用する薬物療法です。抗うつ剤には、この病気の原因となっている脳のバランスを正常な状態に戻すことができますので、うつ病と診断された人はこの薬を飲んで治してください。薬の副作用が気になるという人もいますが、医師の指示を守れば問題はありません。逆に医師の指示を聞かずに飲むのを辞めたり、過剰に摂取したりしてしまうと効果がないだけでなく副作用が起きる危険性があります。ですから、抗うつ剤は医師から服用しなくても大丈夫と判断されるまでは、指示通りに服用しましょう。3つめの治療はカウンセラーや医師と対話して、患者さんの感じていることを聞き出す心理的治療というものです。この治療では医師と話をすることで、患者さん本人が感じていることを伝えることができるようにしたり、患者さんがどのような不安やストレスを抱えていたりしているのか自覚することができます。それだけではなく、患者さんの考え方についてもアドバイスしてくれます。このままうつ病が回復しても、また同じようにストレスを抱えてしまいうつ病と診断されるでしょう。そのようなことが起きないように、ストレスとの向き合い方やストレスの受け流し方などを教えていきます。そうすることによって今後、うつ病が再発しないようにすることができます。このような治療をずっと続けていくことで、確実にうつ病を解消することができますから、焦らずに自分のペースで続けていくことが大事です。