女性

うつ病になる原因

男性女性

遺伝や脳の形が影響している

うつ病と診断される原因の多くが精神的に疲れていたり、ストレスを溜めすぎたりすることが原因と考えている人が多いでしょう。ですが、うつ病は他にも様々な原因で発症してしまう病気なのです。うつ病と診断される一番の要因は親からの遺伝といわれています。もし家族や親戚にうつ病を発症した人がいる場合は、その家族は普通の人よりもうつ病になりやすいといわれていて、2倍から3倍の確率でうつ病になりやすいといわれています。家族にうつ病と診断されたからといって、他の家族も同じように病気になる訳ではないので安心してください。病気になりやすい体質というだけで、ストレスを溜めすぎないようにして十分な休息をとっていれば問題はないはずです。うつ病になりやすいと思い込んでしまうと、それがきっかけとなって発症する恐れがあるので深く考えないようにしましょう。他の原因としては、うつ病と診断された人の脳の形が変わっているということです。この病気は脳が大きく関わっていて、病気と診断された人の多くに脳が萎縮しているというデータがあります。この病気になってしまうと脳が萎縮しますが、それがどのようなことが影響しているのかはまだ判明していません。ですから、脳の形が少し変わっていても全員がうつ病になりやすいという訳ではないのです。遺伝や脳に関してはあくまでうつ病になりやすいということで、一番の原因はストレスと疲労が関係しています。この病気を予防するためには、一度精神科に相談することをおすすめします。ただの勘違いと考える人もいますが、気になることをそのままにしているとそれが原因でストレスが溜まってしまうのです。精神科でちゃんと診断してもらえれば安心できるでしょう。万が一病気と診断された場合は、最近何があったのかいつ頃から症状がでてきたのか説明しましょう。早めに対処すれば入院をせずに自宅で療養することができます。

他の病気が原因

うつ病になる原因は様々ですが、他の病気のせいでうつ病を発症することもあるのです。がんや心筋梗塞といった大きな病気は直接的には関係ありませんが、命に関わる大変な病気ですから不安でしょう。最悪の場合を考えてしまうと精神的に落ち着かなくなってしまい、ストレスを感じるようになるのです。がんや心筋梗塞は重い病気ですが、治療するためには気持ちがしっかりしていないといけません。うつ病も発症してしまうと治療に対する意欲がなくなってしまい、治療することができなくなってしまいます。他の病気には脳梗塞や脳出血などもうつ病を発症する恐れがあるのです。うつ病は脳と関わりがあるので、脳に異常が起きてしまうとその影響で発症してしまうでしょう。病気だけではなく、病気を治療する時に使用する薬の副作用のせいで、うつ病と診断されてしまうことがあります。ですから、精神科では病院からもらうお薬手帳をもって診察を受けるようにしてもらっています。今までに使用した薬を確認すれば副作用のせいでなってしまったと判断することができるでしょう。